最新情報一覧
blog

 支部長ご挨拶を掲載しました

≪支部長ご挨拶≫

こんにちは。日本弁理士会四国支部長の田中幹人です。


 東日本大震災により、東北地域を中心に甚大な被害が発生しました。被害に遭われた方々に対し、心から哀悼の意を表します。被災された方々に今頑張って下さいとは言えません。でも、長い道のりとは思いますが、復興を信じております。私たちも今何ができるのか、何をなすべきかを考え、復興の一助に携わって参ります。

 さて、弁理士は日本弁理士会に所属し、知的財産を専門に扱うことが認められた国家資格保有者です。その業務は特許,実用新案,意匠,商標の出願から権利の取得、その保護・活用、更には不正競争の防止等を含めた紛争処理に至るまでの知的財産全般に及ぶ幅広いものです。


 四国支部は、日本弁理士会の地方組織の一つとして、愛媛県,香川県,高知県,徳島県の四国4県を活動の拠点とする弁理士によって構成しています。私たち四国支部所属の弁理士は、地域の皆様の身近な知財パートナーとしてお役に立てるように、種々の研修により、知的財産の専門家としてのスキル向上はもとより、専門職業人として倫理観の向上に務めております。


 また、知的財産制度の普及・支援のために、社会貢献活動も活発に行っております。一例としては、四国支部室及び各地において知的財産に関する無料相談会を開催しております。また、各種セミナーの開催、学校や研究機関へ講師の派遣、各種展覧会における審査員の派遣等も行っております。お気軽に四国支部までお問い合わせ下さい。特に、本年度は6月に「知的財産シンポジウムin徳島」を徳島大学、日本弁理士会とともに開催いたします。


 知的財産制度の有効な利用によって、四国地域の皆様の事業活動がより活発となりますように、四国支部及び四国支部所属の弁理士がサポートいたします。皆様の知的財産については、先ず日本弁理士会四国支部にお問い合わせ下さい。



日本弁理士会 四国支部
平成23年度支部長 田中 幹人

box730